フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 11月11日相模総合補給廠への米軍ミサイル部隊司令部設置について緊急学習会 | トップページ | 藤井かつひこ活動ニュース第22号 »

2018年11月14日 (水)

空母艦載機墜落事故に関する申し入れ(外務大臣と防衛大臣あて)

 11月14日(水)午後4時30分より、衆議院議員会館で畑野君枝衆院議員とともに、外務大臣と防衛大臣あてに、米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン艦載機の沖縄・北大東島沖での墜落事故に抗議し、原因究明と再発防止および同型機と空母艦載機の飛行中止を求める要望書」を日本共産党県議団として日本共産党神奈川県委員会や関係市議団と連名で提出しました。
外務省と防衛省の担当官が対応し、日本共産党県議団からは、藤井克彦と大山奈々子県議が参加。しいばかずゆき参院比例区予定候補、あさか由香参院神奈川選挙区予定候補、大村横須賀市議、堀口大和市議も参加しました。

 墜落事故の原因究明とそれにもとづく再発防止対策が講じられるまでは、同型機種の飛行を中止することは最低限の対応なのに、事故の原因究明も未だされていないにもかかわらず、米軍は事故を起こしたFA18戦闘機について、「通常の運用に戻っている」と日本政府に伝えたとのこと。あまりにも日本国民の安全をないがしろにした対応であり、許せません。
  事故原因の究明とそれがなされるまでの同型機種の飛行中止を強く申し入れました。

« 11月11日相模総合補給廠への米軍ミサイル部隊司令部設置について緊急学習会 | トップページ | 藤井かつひこ活動ニュース第22号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/67381703

この記事へのトラックバック一覧です: 空母艦載機墜落事故に関する申し入れ(外務大臣と防衛大臣あて):

« 11月11日相模総合補給廠への米軍ミサイル部隊司令部設置について緊急学習会 | トップページ | 藤井かつひこ活動ニュース第22号 »