フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 藤井かつひこ活動ニュース第22号 | トップページ | 共産党の質問日決まる! »

2018年11月28日 (水)

県営笹山団地の集会所耐震補強の申し入れ

 11月28日(水)午前10時、県営笹山団地(横浜市保土ヶ谷区)の集会所耐震補強について、住民の方々と北谷まり日本共産党横浜市議が県庁を訪れ、県公共住宅課に申し入れました。藤井克彦も同席しました。

Dsc01321


 県営笹山団地の集会所は、2階を学童保育の場として活用されており、このほど学童保育関係者から集会所建物の耐震性について不安の声が上がったことから、耐震補強工事を実施するよう、要望書が提出されたものです。

 県は、笹山団地の集会所の建物は、2階建ての独立した建物だがいわゆる“壁型”ではなく、柱と梁で作られているので、耐震性は大丈夫、とは言い切れず、耐震診断が必要であり、予算措置も必要になる、と答えました。

 県はこれまで、県営住宅の老朽化が進んでいるが、耐震性についてはクリアしている、と説明してきましたが、耐震性が確認されているのは住宅本体のみであり、独立した建物の集会所については確認されていないことが明らかになりました。今後の課題です。

  県営住宅の各団地に集会所があるはずであり、また学童保育の場として活用している例は他にもあるので、実態を把握し、必要な対応を県に求めていこうと考えております。

« 藤井かつひこ活動ニュース第22号 | トップページ | 共産党の質問日決まる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/67429340

この記事へのトラックバック一覧です: 県営笹山団地の集会所耐震補強の申し入れ:

« 藤井かつひこ活動ニュース第22号 | トップページ | 共産党の質問日決まる! »