フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月6日 建設・企業常任委員会で意見発表 | トップページ | 西日本など大規模豪雨災害 捜索救助、救援復旧に総力を »

2018年7月 9日 (月)

建設・企業常任委員会 またも委員会県内県外調査(いわゆる視察)から日本共産党委員を実質的に排除することを多数決で決定

 7月6日(金)に開催された建設・企業常任委員会で、今年度の委員会県内県外調査(いわゆる視察)を、またも日本共産党委員を実質的に排除する“グループ分け”で行うことを、多数決(反対は日本共産党委員の藤井克彦のみ)で決定しました。
 藤井克彦は下記のとおり、反対意見を表明しました。
      *      *      *            *      *         

                                  
 委員会としての県内県外調査をグループ分けで行うとの提案ですが、これは、特定の会派の議員をグループ分けという言い方で委員会の調査活動から実質的に排除するものです。言うまでもなく調査活動は委員会の審査と一体不可分であり、そこから特定の会派を排除することは、委員会運営の公平性を著しく損なうものです。

 議会は、選挙を通じて有権者の負托を受けた議員が議論を交わすことを通じて、県民の多様な意見を県政に反映することを本質的使命としています。特定の会派の委員を審査活動の一部から排除することは、不公平な委員会運営であるだけでなく、こうした議会の本質的使命に照らし、重大な問題があると言わざるをえません。
 
 委員会の県内県外調査をグループ分けで行うことに反対します。

« 7月6日 建設・企業常任委員会で意見発表 | トップページ | 西日本など大規模豪雨災害 捜索救助、救援復旧に総力を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/66920946

この記事へのトラックバック一覧です: 建設・企業常任委員会 またも委員会県内県外調査(いわゆる視察)から日本共産党委員を実質的に排除することを多数決で決定:

« 7月6日 建設・企業常任委員会で意見発表 | トップページ | 西日本など大規模豪雨災害 捜索救助、救援復旧に総力を »