フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 常任委員会・特別委員会等の所属が決まりました | トップページ | 車いす単身者向け県営住宅 当選者が入居を辞退した事情とは 厚木市の県営及川団地を視察 »

2018年5月26日 (土)

県議会 新年度の委員会構成など決まる

   5月15日(火)から5月24日(木)まで県議会5月臨時会が開催され、新年度の委員会構成が決まりました。
 藤井克彦は、常任委員会は建設企業常任委員会となり、前年度から継続となりました。
 {2015年度は厚生常任委、2016年度は産業労働常任委、2017年度は建設企業常任委に所属}
  また予算委員会に入り、理事をつとめます。
 {予算委員会は2016年度以来2度目の所属}
 さまざまな機会をとらえて、県民の願い実現へ、また県政を県民の立場から厳しくチェックする仕事に、引き続き取り組んでまいります。


 なお、常任委員会の委員の任期は1年で、個々の議員はローテーションでいろいろな委員会を経験するのがふつうですが、日本共産党県議団(6人)全体の常任委員会への配置という点では、8つある常任委員会のなかで、「総務政策常任委員会(財政・企画・税などを所管)」「防災警察常任委員会(警察・基地対策など所管)」の2つの委員会には、4年連続で入ることができませんでした。
 その意味では、すべての常任委員会に所属できる8人以上の強力な日本共産党県議団を実現することの重要性を痛感しているところです。

« 常任委員会・特別委員会等の所属が決まりました | トップページ | 車いす単身者向け県営住宅 当選者が入居を辞退した事情とは 厚木市の県営及川団地を視察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/66760301

この記事へのトラックバック一覧です: 県議会 新年度の委員会構成など決まる:

« 常任委員会・特別委員会等の所属が決まりました | トップページ | 車いす単身者向け県営住宅 当選者が入居を辞退した事情とは 厚木市の県営及川団地を視察 »