フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月26日 (金)

常任委員会・特別委員会等の所属が決まりました

Kenginews31kage Kenginews31urakage

PDF版⇒「県議団NEWS No.31.pdf」をダウンロード

2017年5月21日 (日)

「『話し合うことが罪になる』!?共謀罪に反対する相模原市民のつどい」 に参加(5月21日)

 5月21日(日)13時30分から、「『話し合うことが罪になる』!?共謀罪に反対する相模原市民のつどい」が相模原教育会館で開催され、参加しました。参加者数は170名と発表されました。

P1010620


 弁護士・海渡雄一さんの「現代の治安維持法 共謀罪の制定を阻止しよう」と題した講演を聴きました。

P1010619


P1010621


 その後、参加者リレートーク、アピール採択をおこなって、JR相模原駅までパレードをおこない、街頭で共謀罪反対を訴えました。

P1010626

2017年5月12日 (金)

2017国民平和大行進(神奈川県)に参加(5月10日)

  5月10日(水)、2017国民平和大行進(神奈川県)の相模原市コースに参加しました。

 午前9時にJR相模原駅ペデストリアンデッキで出発集会。

P1010558

 米軍基地・相模総合補給廠西門前を通って相模原市役所近くのウェルネスさがみはら前広場で相模原市に要請行動。

P1010561

 短時間の休憩の後、矢部を通って淵野辺駅南口で解散。小雨の中でしたが、前年より多い参加者で、核兵器禁止条約締結が目前にせまるなか、「核兵器をなくしたい」というみんなの気持ちが高まっていることのあらわれ、と実行委員会の方からまとめのお話がありました。

 今回の平和行進には、「2017国際青年リレー行進者」として、アメリカからケイラ・ウオーリーさん(タフツ大学1年生)が参加しています。

P1010565


ケイラさんは「核兵器の被害を大きく受けた国への連帯を込めて、核兵器廃絶のために行進する機会をいただき、とてもわくわくしています。アメリカは現在、最強の核保有国であるため、この平和行進にアメリカ人行進者が参加することも、とても重要だと思っています。私の参加は、みなさんの核兵器廃絶をめざす努力に対して、アメリカ国民が支持していることを示すささやかなシンボルとなるでしょう。」「初めての外国旅行で、このような貴重な体験ができることをうれしく思っています。」などと、さわやかなメッセージを寄せてくださり、参加者一同、励まされました。

活動ニュース12号を作成しました

活動ニュース12号を作成しました。「katsudounews12.pdf」をダウンロード

2017年5月 9日 (火)

米海軍厚木基地「日米親善春祭り2017」における市民銃体験問題について県知事に申し入れ(5月8日)

 5月8日、日本共産党県議団として、県知事あてに、『厚木基地での市民への銃体験に強く抗議することを求める要請書』を提出し、申し入れをおこないました。県側は、三森基地対策課長が対応しました。

 神奈川県内の米海軍基地において、2013年の横須賀基地に続いて今回の厚木基地で同じことが繰り返されたことについては、県として重く受けとめ、対応すべきです。
 このようなことが二度と起きないよう、県知事として在日米海軍に申し入れるよう、強く求めました。

  県基地対策課長は、「米軍基地渉外部も2013年の横須賀でのことは承知していたが、現場に徹底していなかった。今後ないようにすると約束しているので、特に知事が申し入れることは考えていない」「みなさんからの要請については知事に伝える」と応じました。

 これに先立ち、5月2日には、「爆音をなくし、米空母の母港の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」、はたの君枝衆院議員、岡崎ゆたか日本共産党衆院比例代表・神奈川13区予定候補、あさか由香日本共産党参院神奈川選挙区予定候補、日本共産党神奈川県委員会、大和市・綾瀬市・相模原市・座間市・海老名市をはじめ厚木基地周辺自治体の各日本共産党議員団とともに、厚木基地に出向き、直接米軍に抗議の申し入れをおこないました。市民銃体験抗議、空母艦載機の厚木基地での着艦訓練中止、MV22オスプレイ厚木基地飛来抗議の3件について申し入れました。

  5月4日には、10時14分に厚木基地を離陸して訓練空域(チャーリー)に向かった空母艦載機(第141電子攻撃飛行所属EAー18Gグラウラー)1機が、12時5分に厚木基地に着陸した後、BRU部分のプランャップ(直径約2cm、長さ約2cm、重さ約85グラム)が飛行中に落下していたことが明らかになっています。

 米軍に起因する問題が後を絶ちません。ひとつひとつの問題の解決・再発防止とともに、根本的解決として米空母横須賀母港化返上、基地撤去、日米安保条約廃棄と真の日米友好関係樹立を目指してまいります。

2017年5月 1日 (月)

4月29日米海軍厚木基地・一般開放のイベントで銃器の展示 来場者が手で触れる事ができる状況に抗議

  4月29日(土)に米海軍厚木基地で、一般開放のイベント「日米親善春祭り2017」が開催され、そのなかで銃器の展示がおこなわれていましたが、来場者が手で触れることができる状況であったことから、綾瀬市が抗議をし、午後2時には改められ、来場者が手で触れることはできなくなりました。

 当日の状況は、ブログ『旭頑が観察日記http://docchinomikata.blog.fc2.com/blog-entry-10.html に写真入りで紹介されています。

 翌日30日の新聞各紙は、このことについて、しんぶん赤旗日刊紙が報じましたが、一般紙では「厚木基地の軍用機 間近に 親善春祭りに9万人(朝日)」などと報道するのみだったようです。

 このことについて、本日5月1日(月)、朝9時過ぎに、県基地対策課に“県としてどう状況を把握し、どう対応するのか”を問い合わせたところ、「報道により知ったので、現在状況を確認しているところ。2013年に横須賀基地の一般開放で同様のことが起きた時は、たまたま直後に米軍の司令官が表敬訪問で県を訪れたので、対応した副知事が、『日米で文化も違うので、配慮してほしい』と要請した。今後の対応については、対応するかしないかも含めて、これから。決まったら、報告する。」とのことでした。

 それに対して、藤井かつひこ より、「市民感情として許せない。このようなことをしないよう、県として申し入れてほしい」と伝えました。

 その後、12時過ぎに連絡が入り、「県基地対策課長より、本日、厚木基地に対して、再発防止を口頭で申し入れた」との報告がありました。

  日本共産党県議団として、二度とこのようなことがおこなわれないよう、今後もとりくんでまいります。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »