フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月29日米海軍厚木基地・一般開放のイベントで銃器の展示 来場者が手で触れる事ができる状況に抗議 | トップページ | 活動ニュース12号を作成しました »

2017年5月 9日 (火)

米海軍厚木基地「日米親善春祭り2017」における市民銃体験問題について県知事に申し入れ(5月8日)

 5月8日、日本共産党県議団として、県知事あてに、『厚木基地での市民への銃体験に強く抗議することを求める要請書』を提出し、申し入れをおこないました。県側は、三森基地対策課長が対応しました。

 神奈川県内の米海軍基地において、2013年の横須賀基地に続いて今回の厚木基地で同じことが繰り返されたことについては、県として重く受けとめ、対応すべきです。
 このようなことが二度と起きないよう、県知事として在日米海軍に申し入れるよう、強く求めました。

  県基地対策課長は、「米軍基地渉外部も2013年の横須賀でのことは承知していたが、現場に徹底していなかった。今後ないようにすると約束しているので、特に知事が申し入れることは考えていない」「みなさんからの要請については知事に伝える」と応じました。

 これに先立ち、5月2日には、「爆音をなくし、米空母の母港の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」、はたの君枝衆院議員、岡崎ゆたか日本共産党衆院比例代表・神奈川13区予定候補、あさか由香日本共産党参院神奈川選挙区予定候補、日本共産党神奈川県委員会、大和市・綾瀬市・相模原市・座間市・海老名市をはじめ厚木基地周辺自治体の各日本共産党議員団とともに、厚木基地に出向き、直接米軍に抗議の申し入れをおこないました。市民銃体験抗議、空母艦載機の厚木基地での着艦訓練中止、MV22オスプレイ厚木基地飛来抗議の3件について申し入れました。

  5月4日には、10時14分に厚木基地を離陸して訓練空域(チャーリー)に向かった空母艦載機(第141電子攻撃飛行所属EAー18Gグラウラー)1機が、12時5分に厚木基地に着陸した後、BRU部分のプランャップ(直径約2cm、長さ約2cm、重さ約85グラム)が飛行中に落下していたことが明らかになっています。

 米軍に起因する問題が後を絶ちません。ひとつひとつの問題の解決・再発防止とともに、根本的解決として米空母横須賀母港化返上、基地撤去、日米安保条約廃棄と真の日米友好関係樹立を目指してまいります。

« 4月29日米海軍厚木基地・一般開放のイベントで銃器の展示 来場者が手で触れる事ができる状況に抗議 | トップページ | 活動ニュース12号を作成しました »

コメント

あんたらのほうが害だということをきがつかなちキチガイども

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/65256433

この記事へのトラックバック一覧です: 米海軍厚木基地「日米親善春祭り2017」における市民銃体験問題について県知事に申し入れ(5月8日):

« 4月29日米海軍厚木基地・一般開放のイベントで銃器の展示 来場者が手で触れる事ができる状況に抗議 | トップページ | 活動ニュース12号を作成しました »