フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南スーダンに派遣されている自衛隊の即時撤退を求める意見書案を提案するも賛成少数で否決 2016年第3回県議会定例会が閉会 | トップページ | 新春のごあいさつ »

2016年12月28日 (水)

12月21日(水)「出前労働講座」を視察

  神奈川県は、若者の就職支援の一環として、労働センターの職員が、高等学校や大学、専門学校等に出向いて、労働法の基礎知識など働くルールについて説明をする「出前労働講座」を実施しています。

 ブラック企業、ブラックバイトが問題になるなか、2015年度には、『若者労働ハンドブック 働くまえに読んでみよう 知っておこう、働くルール』を新たに作成し活用を始めています。

 この若者向け「出前労働講座」をぜひ視察したいと県担当課(労政福祉課)に申し入れていたところ、12月21日(水)、神奈川県立東部総合職業技術校(かなテクカレッジ東部・横浜市鶴見区)での「出前労働講座」を傍聴することができました。日本共産党県議団の大山奈々子・木佐木ただまさ両県議と3名で視察を実施しました。

P1010464

[大山奈々子県議撮影:木佐木ただまさ県議と]

  「定額残業代」制度を悪用したタダ働き残業など、自分自身知らなかった問題もあり、講座を受講したこと自体が大変有意義でした。受講生が職業訓練生で社会人も含まれていたこともあり、講師の方が「労働契約を書面で交付されたか」「有給休暇は使えていたか」などと問いかけることに対して、受講生何人かが手を挙げる様子なども、興味深い光景でした。

P1010468


 講座終了後、講師の労働センター職員の方と懇談し、「出前労働講座」をおこなってきた経験や意見をうかがうとともに、街頭労働相談のなかでの若者からの相談等についても話を聞くことができました。

 さらに、せっかくの機会だからと、県立東部総合職業技術校の校長が、学校の施設を案内して下さいました。

P1010470

[訓練生が製作した門松 県庁など県諸施設に納品されるとのこと]

 県政として、直接県民にはたらきかける活動分野として、充実・強化を求めていきたいとの思いを強くした、有意義な視察でした。

« 南スーダンに派遣されている自衛隊の即時撤退を求める意見書案を提案するも賛成少数で否決 2016年第3回県議会定例会が閉会 | トップページ | 新春のごあいさつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/64686073

この記事へのトラックバック一覧です: 12月21日(水)「出前労働講座」を視察:

« 南スーダンに派遣されている自衛隊の即時撤退を求める意見書案を提案するも賛成少数で否決 2016年第3回県議会定例会が閉会 | トップページ | 新春のごあいさつ »