フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本共産党県議団が「神奈川県議会・委員会海外調査についての見解」を発表 | トップページ | {県立津久井やまゆり園での殺傷事件を考える} 重度障がい者との日常と優生思想の克服 »

2016年8月10日 (水)

『県立津久井やまゆり園』での殺傷事件について県議会常任委員会開催(8月8日)

  『県立津久井やまゆり園』での殺傷事件について審議するために8月8日(月)に開催された、厚生常任委員会と防災警察常任委員会を傍聴しました。

 日本共産党県議団は、君嶋ちか子議員が厚生常任委員として審議に加わり発言しましたが、防災警察常任委員会には所属委員がおらず、審議に参加することができません。

  厚生常任委員会では、県の当事者意識の欠如と知事の対応のあり方、情報提供のあり方、防犯カメラ設置の経過、県と『かながわ共同会』との情報や危機意識の共有、入所者の生活改善など支援、施設の機能回復、被害者への支援、職員への支援、防犯対策や危機管理、指定管理者制度、不審者対応、障害者施設の職員配置、ヘイトクライムを許さず障がいへの差別や偏見の払拭、共生の重要性、障害者福祉の充実など、さまざまな角度から議論されました。

  厚生常任委員会は、近いうちに再度委員会を開催して、この問題を引き続き審議する予定です。

« 日本共産党県議団が「神奈川県議会・委員会海外調査についての見解」を発表 | トップページ | {県立津久井やまゆり園での殺傷事件を考える} 重度障がい者との日常と優生思想の克服 »

コメント

 この事件は、兆候、予告がありながら「なぜ防げなかったのか」
が問題であり、これから先は、ということで逃げているように思います。
 当日、「防犯カメラ」に犯人が車で乗り付け、施設に入って行くところが映っていながら、手を打てなかった警察や行政の責任は、遺族に代わって追求すべきところが、この点が、全くマスコミも追及せず(赤旗も同じ)では、遺族としてやりきれない思いではないでしょうか。遺族へのケア・そして保障問題をしっかり追求して
いただきたい。

 ご指摘ありがとうございます。事件の全容解明、県行政や県警の対応がどうであったのか、検証することはきわめて重要なことと考えており、9月の県議会の質問でも取り組んでまいります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/64040847

この記事へのトラックバック一覧です: 『県立津久井やまゆり園』での殺傷事件について県議会常任委員会開催(8月8日):

« 日本共産党県議団が「神奈川県議会・委員会海外調査についての見解」を発表 | トップページ | {県立津久井やまゆり園での殺傷事件を考える} 重度障がい者との日常と優生思想の克服 »