フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

2月10日 リニア新幹線沿線住民ネットワーク結成集会 が開催されます

   2月10日(日)午後1時半より、『ソレイユさがみ』(橋本駅北口イオンビル6F)の「セミナールーム1」で、リニア新幹線沿線住民ネットワーク結成集会 が開催されます。


  主催は、「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」結成実行委員会です。

  参加者は、資料代500円が必要です。

 集会の内容は、次の2本立てです。

【1】基調講演 広瀬隆氏「脱原発社会にリニア新幹線は必要か」

【2】シンポジウム「リニア計画の凍結を求めて」

 ・コーディネーター 川村晃生氏(慶應義塾大教授)

 ・広瀬隆氏(脱原発ジャーナリスト)

 ・橋山禮治郎氏(千葉商大教授)

 ・阿部修治氏(産業技術総合研究所)

  「リニア新幹線沿線住民ネットワーク」とは、東京から名古屋まで、リニア新幹線計画に不安と疑問を持つ計画沿線住民グループを中心に、2012年10月、結成に合意したもので、経験を交流し、問題の多いリニア計画の凍結・再検証を政府に求めて、署名活動を開始しています。

 現在の参加団体は、リニア・市民ネット、リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会、リニア新幹線を考える相模原連絡会、みどり山梨、飯田リニアを考える会、NO!リニア連絡会(長野県大鹿村)、東濃リニアを考える会など。

  結成総会が相模原市で開かれるというのは、「リニア新幹線を考える相模原連絡会」のみなさんをはじめとした活発な市民運動の反映であり、大変意義深いことと思います。

  今年2013年の秋には、リニア中央新幹線のルートと駅位置の確定、2014年には着工という建設スケジュールのなか、全国的運動の高揚の契機にしたい集会です。
  多くのみなさんのご参加をよびかけます。

2013年1月14日 (月)

成人の日 相模原市はたちのつどい(南区)に参加

 1月14日(月)、「成人の日」を記念しての「相模原市はたちのつどい(南区)」に参加しました。

 南区の会場は「グリーンホール相模大野」で、第一部(大野南地区、麻溝地区、相模台地区 10時40分~11時30分)の方に参加しました。

 今年の新成人は、南区は2603人(昨年度比-102人)、相模原市全体は7443人(昨年度比-35人)、全国は123万人(昨年度比3万人)とのこと。 

 毎年、新成人自身が実行委員会をつくって企画されている「はたちのつどい」ですが、恒例の記念映画に加えて、今年は「アトラクション」として会場での参加者へのインタビューがおこなわれました。

 実行委員が抽選をして座席番号を引いてその番号の人にインタビューする方式で、当たった人が「新町中出身の○○です」「大野南中出身の○○です」「谷口中出身の○○です」などと言ってから話し始めると、会場から「ウオー」などと歓声があがり、とても明るく楽しい雰囲気に会場がつつまれました。

 参加者が主役になれる、良い企画だったと思います。

 私自身も含めて市議会議員数名が来賓として参加していましたが、つどいが終わって会場から出ようと席を立つと、すぐ後ろに座っていた新成人の晴れ着姿の女性が「ありがとうございました」と声をかけてくれました。すぐに「おめでとうございます」と声を返しましたが、礼儀正しい人もいるものだと、感心・感激し、うれしく思いながら、会場を後にしました。

 今日はあいにくの悪天候で大雪となりましたが、会場近くのコリドーでは、相模大野銀座通り商店会をはじめ、周辺の商店会のみなさんが、餅つきや豚汁を新成人や通行する人にふるまって、成人の日を盛り上げようと、大雪をものともせずに奮闘されていました。

 若い人たちが希望のもてる社会へ、正社員が当たり前の雇用確立、国民の所得が増える内需主導の経済成長実現、憲法9条をまもり生かす、戦争のない平和なアジアと世界、など、めざしてがんばりたいと思います。

2013年1月 5日 (土)

あけましておめでとうございます

 新年おめでとうございます。

 この正月、元旦は、宣伝カーで新年のあいさつをしてまわりました。

 2日は、初詣に大雄山に行ってきました。
 階段をたくさん登り、その段数は、メモしただけで、{77+58+40+17+216+3=}411段にも達しました。御利益があるでしょうか。

 3日以後は、ごあいさつにまわっています。

 そのなかで、衆議院総選挙の結果についても、ご意見をいただいています。「わけわからない党がたくさんできて、しっかりした、たしかな党として、こんどは共産党に入れたのに、意外に伸びなかったですね」「反原発の議席が減ってくやしい」「お先真っ暗で希望が持てない。共産党には地道にがんばってほしい」などなど。

  たくさんのご意見・ご提案をいただき、それらを生かしながら、原発新増設の発言にみられるような、民意に背く政治の暴走を許さないために、選挙戦で掲げた公約実現をめざす活動に力を尽くし、夏の参議院選挙での躍進をめざしたいと思います。市政におきましても、暮らし応援、安心・安全の住みよいまちづくりに、とりくんでまいります。

  今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。2013年がみなさまにとりまして良き年でありますようお祈り申し上げます。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »