フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リニア中央新幹線についてのJR主催説明会に参加して | トップページ | 新年のごあいさつ »

2011年12月11日 (日)

電磁波の国際基準について

 先に「リニア中央新幹線についてのJR主催説明会に参加して」の記事のなかで、電磁波の基準値について、理解できなかった旨を書きました。その後、JR東海の相模原事務所{「東海旅客鉄道株式会社 環境保全事務所(神奈川)」 042-756-7261}に電話で問い合わせし、少し理解が進みましたのでご報告します。


  
電磁波の国際基準は、周波数に応じて決まっている。

①1~8ヘルツ → 40/(ヘルツ)2乗 ミリテスラー

②8~800ヘルツ →5/ヘルツ ミリテスラー

ドイツの基準は
 50ヘルツにたいして  5/50 ミリテスラー =0.1ミリテスラー =1000ミリガウス

韓国の基準は
 60ヘルツにたいして 5/60ミリテスラー =0.083ミリテスラー =830ミリガウス

 ということで、ドイツも韓国も、同じ国際基準を自国の周波数に当てはめているもの、ということがわかりました。

  そして、JR東海も、今回のリニア中央新幹線計画にあたって、同じ基準を採用している、ということでした。

« リニア中央新幹線についてのJR主催説明会に参加して | トップページ | 新年のごあいさつ »

リニア中央新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/53452802

この記事へのトラックバック一覧です: 電磁波の国際基準について:

« リニア中央新幹線についてのJR主催説明会に参加して | トップページ | 新年のごあいさつ »