フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

9.25「原発ゼロへ、原子力空母は いらない」横須賀集会

 9.25「原発ゼロへ、原子力空母は いらない」 米原子力空母ジョージワシントン横須賀配備3周年 抗議集会(横須賀ウェルニー公園)に参加しました。4500人余が集まり、「原発ゼロ」「原子力空母は いらない」と訴えてデモ行進をしました。P9250436 P9250438

2011年9月21日 (水)

一般質問の通告をしました 病院での差額ベッドの問題、超高層マンションにおける地震対策など、体験やご意見をお寄せ下さい

 9月14日(水)に一般質問の通告をしました。この9月議会では、24人が一般質問をおこなうこととなり、そのなかで藤井は19番目になりましたので、おそらく9月29日(木)に質問することになりそうです。 

 質問するにあたって、病院での差額ベッドの問題、超高層マンションにおける地震対策について、体験したこと、感じていること、意見として持っていることなど、お寄せいただけたら幸いです。

[質問の柱]
1.差額ベッドを希望しないのに差額ベッド代を請求されることがないようにするために、安心できる医療を求めて

2.自然エネルギーの利用促進、太陽光発電について

3.(超)高層マンションにおける防災(震災)対策について

4.公民館活動の充実・発展のために(備品の改善・充実)

9月12日建設常任委員会で[その2]豪雨災害対策

 今日(9月21日)、台風15号が、相模原市を駆け抜けていきました。大変な雨や風で、倒木、看板落下、停電などの被害が出ています。

 9月12日の建設常任委員会では、ゲリラ豪雨がひん発するなかで、床上・床下等の浸水被害を解消するための対策について議論をしました。昨年度も建設常任委員会所属でしたので、この問題にいっかんしてとりくんでいます。

 市内には、豪雨時に道路冠水や床上床下浸水の被害が発生する箇所がいくつか残されており、相南2丁目の箇所もその一つです。下水道整備の計画はあるものの、事業化、工事実施の見通しはまったく立っていません。
 昨年度、緊急の対策を強く求めたことにたいして、道路側溝の雨水枡(既設)に雨水浸透管を設置して、雨水の地下浸透力を高める工事が検討され、2010年度末(2011年2月~3月?)に試行的に工事が実施されました。この雨水浸透管設置による効果を2011年度に検証し、有効であればさらに工事箇所を増やしていきたい、とのことでした。

 9月12日の建設常任委員会で、検証結果について尋ねたところ、「検証はこれから」とのことでしたが、今年に入ってから既に当該箇所で道路冠水や床下浸水の被害が発生しているとのこと。

 浸水被害を少しでも緩和するために、雨水浸透管設置工事も引き続き進めながら、より抜本的なとりくみ、たとえば用地を取得して雨水調整池をつくり、そこにも雨水浸透管を設置する、などをおこなう必要があるのではないか、と意見を述べ、市の見解を求めたところ、「検討したい」との答弁でした。

2011年9月17日 (土)

9月12日建設常任委員会で [その1]下水の汚泥 放射能汚染 市内では…

 9月12日(月)、9時30分から18時30分ぐらいまで、建設常任委員会が開催され、補正予算や2010年度決算を審査しましたが、そのなかで発言した内容をいくつか順次、ご報告したいと思います。

 まず下水道の汚泥の放射能汚染にかんする問題です。

 相模原市から出る汚水は最終的には茅ヶ崎市の相模川流域下水道左岸処理場に集められ、焼却汚泥をセメント会社に売却していましたが、福島原発事故後、汚泥や焼却灰の放射線量が高くなり、5月9日から売却をやめて敷地内で保管しています。
 保管用の建屋が満杯になりつつあり、年度内に5棟、建て増しをするとのことです。

 一方、相模原市内では、下水汚泥が滞留するような場所はないか、調べてみたところ、上鶴間3丁目にある深堀ポンプ場に砂やごみなどが集積され、業者に委託して産業廃棄物(産廃)として処理している、具体的には愛知県の産廃処理場に搬入している、とのこと。建設委員会に先立ち、9月9日(金)に深堀ポンプ場に出向き、現地を視察しました。

P9090402

P9090403

 産廃として持ち出す前に、放射能で汚染されていないのか、検査をしてチェックをしているのか、質問したところ、「これまでのところやっていない」とのことでした。視察時に、日本共産党市議団で購入した簡易測定器で、汚泥の真上数メートルのところで測定してみたところ、0.12マイクロシーベルトだったので、汚泥の上5センチメートルぐらいのところで測定すれば、高い値が出る可能性もあるのではないかと感じました。「市として深堀ポンプ場に集められた汚泥の放射線量の測定を早急におこなうべき」と建設委員会のなかで強く求めたところ、市は「検討したい」と答えました。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »