フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東日本大震災の被災地に思いをはせて(15)喜多方市 田中雅人 市議 | トップページ | 相模原市で避難所開設(東日本大震災への対応) »

2011年3月17日 (木)

東日本大震災の被災地に思いをはせて(16)

東日本大震災の被災地に思いをはせて、被災地とその近隣地の日本共産党地方議員が作成しているホームページやブログにアクセスしてみました。南会津町 大竹幸一 町議のブログから転載します。

富岡町から1,000人   2011.3.16(水)曇のち雪

2011-03-16 19:26:24 | Weblog

 浜通りの富岡町から8,000人が移動し、そのうち4,000人が郡山市に移り、南会津町へは1,000人が入ったということです。南会津では区長会議が行われ、町民へ新品の毛布、新品のタオルかバスタオル、選択済みの上着・ズボンを17日と18日の朝9時から12時の間に公民館に持ってきてほしいというチラシが配布されました。

 議会は、一般質問は答弁書をもらうだけとし、その後、予算案の審議を終えて今日で終わりました。一般質問の答弁で不満な点を予算審議の中で訴えました。その1つは、TPPへの反対の姿勢を町のホームページで表明してはどうかと要望しました。また、国保税が高く、税の値下げをしないと滞納が増えるため、一般会計からくり入れて国保税の値下げをするよう訴えました。

 議会終了後、議長を本部長とする議会としての対策本部をつくり、とりあえず1人10,000円の義援金を出そうということになりました。このほか、地区の避難所などでボランティアをすることとなります。その他、すでにおにぎり作りなどの仕事をしている議員からの話では、選挙運動と誤解を受けるなど真意が伝わりにくい面もあるという声も聞かれました。また、ガソリンが不足のため車で物を運ぶという仕事もできず、ボランティアもむずかしい状況です。

 毎日、テレビでつらいニュースが放送されます。私も年のせいか涙ぐむことが多くなりました。でも、この歴史から目をはなさず、時間があれば地震のニュースを見ています。当面、父の初彼岸の準備をしなければなりませんが、それと並行して力仕事や汚れる仕事など人のいやがるボタンティアをしたい思っています。

コメント (0) | トラックバック (0) |
Ads by Google
あの選挙参謀が期間限定で復活。選挙で当選したい方のみ限定公開中。

いわき市から86人避難   2011.3.15(火)晴

2011-03-15 20:14:46 | Weblog

 南会津町へいわき市から86人が避難してきました。いわき光洋高校へ避難していた人たちがバスで着き、そのうち、66人が高齢者センターへ避難し、20人は南会津病院へ入院したようです。さらに、11人が役場を訪ね宿泊する場所を求めたため、松ノ下公民館に避難しているようです。今後、さらにそのような避難者がふえると予想されています。

 議会の日程が変わりました。昨日、私が被害対策を出せる議会にしようと訴えたこともあってか、明日と明後日の一般質問は答弁書をもらって終わりとすると、議運で決めました。よって、明日、条例や予算案などの議案審議を行って閉会となります。この議会で任期が終わりとあって、最終日はアルコールをまじえての懇談会を行う予定でしたが、中止となりました。

 地震・津波・火災のうえに原発の被害と心配があります。共産党は原発に反対してきたため、やはり、正解だったと胸をはることができます。今の原発のウランの利用方法は、原爆の応用なので危険だ、炉心溶融はかならず起こると何度も指摘してきました。佐藤栄佐久知事は慎重路線をとったため、引きずり落とされたという話がありますが、佐藤雄平知事は原発を推進したので政治責任は重大と思います。 

JAにおいてはガソリン・灯油は午前中で売り切れとなり、明日の予定はわからないということです。油揚げもなくなり、父の春彼岸のいなり寿司もできません。東武鉄道も運休なので息子も姉も妹も来れないでしょう。新聞もガソリンがなくなり、配達ができないので明後日当たりから作らない、という話もあります。戦時中と同じ非常事態で、すごいことになりました。

コメント (2) | トラックバック (0) |

ホワイトディ  2011.3.14(月)晴

2011-03-14 20:44:02 | Weblog

 今日はホワイトディでしたがすっかり忘れてしまいました。朝、9時半頃に家を出て議会に行く際、お彼岸の準備のためJAに寄ったところ、ガソリンを入れる客で満員で車を駐車する場所をさがすに大変でした。ようやく車をおいて中に入っても満員の客でやっと議会に間に合いました。夕方も議会が長引きホワイトディの買い物をする余裕がありませんでした。

 私が仙台に行ったブログを見、土湯峠が通れるということを知って、福島市の息子へ支援に行ってきた、衣類を送りたいがどうしたらよいか、スキー場のホテルで疎開を受け入れてはどうか、などの貴重な意見をいただきました。午前中、誓願の趣旨説明のため本会議がありましたので、朗読の前に被災者へのお見舞いを述べ、衣類の件や疎開の件など救助を考える議会としてはどうかと提案しました。

コメント (2) | トラックバック (0) |

緊急時は消防団へ 2011.3.13(日)晴

2011-03-13 21:05:49 | Weblog

 午後1時頃、午後1時30分から役場で消防の部長の会議があるという防災無線があったため、私もオブザーバーとして参加させていただきました。(写真)会議は役場3階で田島地区の部長が集まって行われ、地震の通信規制により携帯や固定電話が通じないため、消防署への電話が通じないときは、各地区の消防団員へ連絡するようにということです。連絡を受ければ消防団員が無線で消防署などへ連絡するということです。

 私が担当者へ個人的に聞いたところでは、浜通りの被災地などからの要請については、まだそういう段階になっていないそうです。ただ、昨日、消防団長が相馬市へ行き、不足であるブルーシートやおにぎりを送ることになっています。おにぎりは昨日と今日が10,000個、明日は5,000個で、赤十字の方・JA職員・町職員などが小学校などの給食室で、懸命におにぎりを作っているということです。

 なお、ガソリンはJAに行ったところでは1人2,000円までとなっており、灯油は売れ切れということでした。今後、停電があるかもしれませんので、ローソク・懐中電灯・湯たんぽなどは在庫があるうちに買った方がよいでしょう。また、雪が降って山奥だが南会津は安心・安全なので、浜通りの人が南会津へ住んでもらうよう訴えて町作りをしてはとうか、という声も聞かれました。

コメント (0) | トラックバック (0) |

娘を救いに仙台へ  2011.3.12(土)晴

2011-03-12 09:04:09 | Weblog

 娘が仙台におり、近くの小学校に避難しています。火災が起きると困るので今から(朝9時)救出にいってきます。福島までは土湯まわりで行けるという情報ですが、そこから先はわかりません。

 今、午後10時30分ですが仙台から娘を連れて帰ってきました。朝、パソコンを閉じた後パンやお茶などを持って、9時30分に出発してから往復約500キロを13時間かけ妻と2人で行ってきました。福島市までは3時間で行きましたが、福島市の国道4号線に入ってからは予想通り渋滞し、そこから4時間かかって仙台につきました。避難している八本木小学校に行ったら、自宅ではないかというのでアパートに行ったら荷物の整理をしている娘と会いました。

 いっしょに行った妻が車の中で、昨夜から連絡がとれない家族に電話やメールを送り、みんなが無事であることも確認でき安心することが出来ました。電気がストップなのでコンビニはすべて閉店のため、持って行ったパンなどで食事をとることができ正解でした。

写真は娘のアパートの前方の様子で、太平洋側の石油コンビナートから火災が発生し黒煙があがり、ヘリコプターが救助に向かっています。また、目の前の民家のカワラ屋根が壊れている様子が撮影できました。仙台市内は電気・ガス・水がストップし、道路の信号もなく、人気のない、暗い町となっていました。

« 東日本大震災の被災地に思いをはせて(15)喜多方市 田中雅人 市議 | トップページ | 相模原市で避難所開設(東日本大震災への対応) »

被災地の日本共産党地方議員ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573161/51143181

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災の被災地に思いをはせて(16):

« 東日本大震災の被災地に思いをはせて(15)喜多方市 田中雅人 市議 | トップページ | 相模原市で避難所開設(東日本大震災への対応) »