フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016年8月10日 (水)

{県立津久井やまゆり園での殺傷事件を考える} 重度障がい者との日常と優生思想の克服

 8月9日の『しんぶん赤旗』に、この事件をめぐって考えさせられる記事が掲載されていました。ここに全文をご紹介致します。



<『しんぶん 赤旗(日刊)』 2016年8月9日(火)付 9面 学問・文化欄 から>

 ――相模原事件を考える――

 重度障がい者との日常と優生思想の克服

 【筆者】竹内章郎 岐阜大学教授(哲学、生命倫理学)
   1954年生まれ。著書…『いのちの平等論』、『哲学する<父(わたし)>たちの語らい ダウン症・自閉症の<娘(あなた)との暮らし』(共著)    

 神奈川県相模原市の津久井やまゆり園で重度障がい者が殺傷された惨禍。以前は「普通」に―何が「普通」かは本当に難しい―障がい者と接していたらしい元職員が、重度障がい者の人権無視や殺害を正当化するに至ったのだから、ナチスだけには限られない優生思想の問題は深刻だ。

■ナチスだけか

 意外に思われるかもしれないが、英国の社会保障制度の土台となる「ベバリッジ報告」(1942年)を作ったW・ベバリッジは、最低収入に値しない欠陥ある人の隔離収容と彼らからの自由や生殖の権利の剥奪を力説した。漸進的な社会主義的改革を目指したフェビアン協会の中心人物シドニー・ウェッブらも、自らを優生主義者だと公言し、産業社会に役立たない人を消耗品扱いしてその排除を主張した。

 『青鞜』で有名な平塚らいてふが、「普通」に生活できない子どもの出生は大きな罪悪だとし、福沢諭吉が人間の産育を家畜改良と同じにせよと言うなど(同じ発言は電話の発明者ベルにもある)、「不適合者」の排除思想である優生思想は広くはびこっており、効率至上の現在の新自由主義の人間観とも結びつく。

 米豪由来の生命倫理学で、IQ20以下の存在は人間ではなく殺しても殺人ではないと明言したJ・フレッチャーの優生思想は、“重度障がい者は人間の皮をかぶった物だ”と言った相模原事件の犯人の発言そのものでもある。

  もちろん「不適合者」の排除とはいっても、殺傷にまで至るか、施設などに隔離しての貧困なケアの強要にとどまるかではかなり違うが、今回の惨禍の背後にある優生思想は、僕たち自身をも捉えかねない。

■共同の豊かさ

 そこで優生思想の克服を本当に考えるための一助として、身近に重度障がい者と接するものとして、障がい者を巡る日常が「普通」になること、またその豊かさにふれたい。そんな話があまり知られていないことも優生思想がはびこる要因の一つだと思うからである。

 「優秀」な介助者ならくみ取れる意思を示すとはいえ、通常の言語的な意思疎通はままならず、食事や衣服の着脱はもちろん排泄も一人ではおぼつかない、それこそIQ20もない重度の知的障がいをもつ彼。彼が僕によりかかってテレビアニメに夢中な中、臭ってきた。ああ、やったなぁ、と大便の後始末が頭に浮かび、直前の少し尻を浮かせるサインの見逃しを悔やんで、やれやれと思う。

 けれど、やれやれと思う仕事が誰にでもあるように、この思いも当たり前で「普通」となる日常がある。「駄目でしょ、トイレでしょ」と僕に叱られる彼は、少し困惑しつつもオウム返しに「ぉトイレよー」とニコニコ顔で言い、便座に座って脚を広げ協力してくれる。だから便の拭き取りなども、手間はかかるが、信頼の視線を感じる僕のほほ笑みを誘う共同作業となる。

 どんな共同作業にもあり得る協力の楽しさを、彼との生活に慣れた僕は実感するし、そんな中で排泄の場の大切さを学びもする。

 腰や脚の付け根にもおよぶ軟便の処理には、確かにため息をつくこともあるが、その場合はトイレ後の風呂で、汚れに彼の手が触れないように工夫しての洗浄となる。洗われる彼が浮かべる気持ちよさそうな表情は、自然と理屈抜きに僕にも伝播する。

 そこには忙しさに追い立てられる生活とは全くちがう、ゆったりとした時間・空間のもたらす癒しや豊かさがある。真夏の今頃なら、ついでに一緒にシャワーを浴びて一緒に心地よくもなる。汚い話で恐縮だが、大便を巡ってやれやれと思うようなことの中にも、「普通」の楽しい共同の営みや心地よさがある。

 重度障がい者とのこんな「普通」の生活の積み重ねから(特に彼らに直接関わる人たちによって)紡ぎ出される新たなコミュニケーション技法やより豊かな文化がなければ、優生思想の本当の克服と真の共生は難しいのだと思う。

『県立津久井やまゆり園』での殺傷事件について県議会常任委員会開催(8月8日)

  『県立津久井やまゆり園』での殺傷事件について審議するために8月8日(月)に開催された、厚生常任委員会と防災警察常任委員会を傍聴しました。

 日本共産党県議団は、君嶋ちか子議員が厚生常任委員として審議に加わり発言しましたが、防災警察常任委員会には所属委員がおらず、審議に参加することができません。

  厚生常任委員会では、県の当事者意識の欠如と知事の対応のあり方、情報提供のあり方、防犯カメラ設置の経過、県と『かながわ共同会』との情報や危機意識の共有、入所者の生活改善など支援、施設の機能回復、被害者への支援、職員への支援、防犯対策や危機管理、指定管理者制度、不審者対応、障害者施設の職員配置、ヘイトクライムを許さず障がいへの差別や偏見の払拭、共生の重要性、障害者福祉の充実など、さまざまな角度から議論されました。

  厚生常任委員会は、近いうちに再度委員会を開催して、この問題を引き続き審議する予定です。

2016年8月 8日 (月)

日本共産党県議団が「神奈川県議会・委員会海外調査についての見解」を発表

 6月15日に日本共産党県議団は「委員会海外調査について」議長に申し入れましたが、その内容の詳細や関連資料等をまとめた「神奈川県議会・委員会海外調査についての見解」をこのほど作成し、8月8日、発表しました。

 見解「kaigaityosa-kenkai.pdf」をダウンロード

 資料「kaigaityosa-shiryo.pdf」をダウンロード

 ぜひご覧いただき、ご意見等、お寄下さい。

2016年8月 7日 (日)

県立産業技術短期大学西キャンパスを視察 建設労働者の技能訓練の場所の環境改善を求めて(8月6日)

 8月6日(土)、県立産業技術短期大学西キャンパス(横浜市旭区中尾・運転免許試験場隣接地)を視察しました。
  この場所では、「湘北建築高等職業訓練校」「横浜建築高等職業訓練校」「神奈川県塗装技能訓練校」「神奈川県板金職業訓練校」の4校が技能訓練をおこなっており、また外国人技能実習生も含め、さまざまな技能検定もおこなわれています。

P1010265

P1010268

 第一、第三土曜日は「湘北建築高等職業訓練校」が技能訓練をおこなっており、8月6日は「湘北建築高等職業訓練校」の原嶋理事長及び神奈川県建設労働組合連合会の髙橋書記次長が対応して下さいました。神奈川県当局からは、土曜日ではありましたが、訓練がおこなわれている日ということで特に要請し、産業人材課の木下課長、産業技術短期大学の原副校長が同行しました。

 あいさつ、意見交換のなかで建設業の人材不足の深刻さ、近年訓練生全体が減少傾向にあること、またこの施設の今後の運営についての不安などが語られた後、原嶋理事長の案内で校舎をまわり、老朽化等への対応、環境改善の要望・訴えをうかがいました。

●使われていないストーブが撤去されずに放置されており、すすが飛散する(時には鳥が出てくることもある)。撤去してほしい。

P1010269


P1010273


P1010270


P1010279

P1010278

●教室にエアコンはあるが音が大きすぎて授業に支障がある

●窓が開かない、動かない、堅い

P1010274

P1010275


●使われていない下駄箱が撤去されずに放置されており、タバコの火で火事になる懸念があるので撤去してほしい。

P1010282


●防火シャッターが作動しない。

P1010284


●雨が降ると廊下が水浸しになる。

●扉の開閉が、まったく動かなかったり、堅かったりで、一度動かすと元に戻らなくなってしまうので、つっかえ棒をして開けないようにしている。

P1010285

P1010286


P1010288


●大工実習場は、エアコンがなく、冬のストーブがあるだけ。
 8月6日当日も30度を超える猛暑のなか、扇風機だけの環境で、訓練生が汗だくで大工実習に取り組んでいました。熱中症にならないのが不思議なくらいに感じました。

P1010294

などなど、切実な訴えが語られ、状況を確認しました。

 県当局からは、「不都合なくこの建物を使ってもらえるようにしたい」「すぐに対応できるところは対応したい」とのことでした。

 実際に改善が進むよう、県当局に求めて参ります。

2016年8月 5日 (金)

県立津久井やまゆり園での障害者殺傷事件について思うこと(8月5日)

障害者の命・人生を否定する思想、弱者をねらい打ちした凶行は絶対に許せない!

  県立津久井やまゆり園での衝撃的な障害者殺傷事件が起きてから10日が経過しました。さまざまなことが明らかになってきたなか、この事件をどう受けとめるか、ということについて、思うところがあります。

  このほど、『活動ニュース№8』を作成しましたが、そのなかで県立津久井やまゆり園での障害者殺傷事件について、ひとこと、「7月26日に発生した県立津久井やまゆり園での障害者殺傷事件で亡くなられた方々のご冥福と負傷された方々の早期のご回復をお祈り申し上げます。障害者の命・人生を否定する思想、弱者をねらい打ちした凶行は絶対に許せません。」と書きました。

  8月5日付朝日新聞の『天声人語』は、今の自分の心境にピッタリの内容でした。この内容をかみしめる意味で、「写経」のようなつもりで入力作業をして、以下にそのまま転載させていただきます。

【天声人語 2016年8月5日付朝日新聞】

 犯行のむごさだけでなく、容疑者が発した言葉のむごさに、私たちの社会が少しずつ傷つけられている気がする。はね返すものがあるとすれば別の言葉なのだろう。相模原市の障害者施設での事件から10日。話され、書かれた思いを拾った▼「もし誰かが『障害者はいなくなればいい』なんて言っても、私たち家族は全力でみなさんのことを守ります」。知的障害のある人と家族らでつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」の久保厚子会長のメッセージだ。包み込む意志は確かにある▼事件で姉を失った男性が語った。意思疎通の難しかった姉を「正直、恥ずかしい、かわいそう、と思ったこともある」。それでも、こう続けた。「60年、彼女なりに一生懸命生きてきた。絶対に許せない」▼知的障害のある三宅浩子さんは、作業所で豆腐の製造と販売をする。「楽しみは、Hey! Say! JUMP のコンサートに行くことです。殺された人たちにも、目標や楽しみがあったと思うんです」。そう記者に語り、笑顔の写真が本紙に載った。「障害者にも意思はあります」▼「相模原の仲間たちは、まぎれもなく、私なんだと感じている……ふいに襲われないかと、信頼の底が抜ける」。フェイスブックに書いたのは脳性まひの小児科医、熊谷晋一郎さんだ。続く言葉を、何度でも読み返したい▼「今の願いは、もう一度、確かに私たちの受け継いできた『生きていてよい』という思想を、仲間たちと確認し合いたいということにつきる」

2016年8月 1日 (月)

公益財団法人・神奈川科学技術アカデミー(KAST)を視察{8月1日}

 8月1日(月)、川崎市高津区にある公益財団法人・神奈川科学技術アカデミー(KAST)を視察しました。

 KASTはもともと科学技術政策の展開のなかで設立されましたが、2017年4月に神奈川県産業技術センターと統合し、地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所に移行することとされています。この問題は、産業労働常任委員会の所管事項として、重要なテーマです。なお、神奈川県産業技術センターは産業労働局の所管ですが、KASTは政策局の所管とされています。

 この2つの施設の統合と独立行政法人化を考えるために、昨年8月には神奈川県産業技術センター(海老名市下今泉)を視察し、中小企業に対する技術支援等、重要な役割を果たしている状況を見てきました。このような重要な役割を果たしている施設を県直営から地方独立行政法人化することへの疑問を強く抱きました。併せて、そもそも目的の異なる2つの施設を統合することへの懸念を抱きました。

 今回は、統合のもう一つの側である公益財団法人・神奈川科学技術アカデミー(KAST)について理解を深め、統合と地方独立行政法人化について考えるための参考にしたいとの趣旨で視察を要請し、受けていただいたものです。

 「新しい産学公連携モデル(神奈川モデル)を全国に先駆けて構築する」とのことですが、今回の視察で見聞きしたことを自分なりに消化して、今後の議会での取り組みに生かしていきたいと思っております。

相模原市長をはじめとした市の幹部と、「2017年度県の予算・制度に関する要望」について懇談{7月26日}

  7月26日(火)、相模原市長・副市長・教育長・各局長など市の幹部と相模原市選出県会議員との市政懇談会が、相模原市役所の会議室で開催されました。

 相模原市が神奈川県に、次年度の「県の予算・制度に関する要望」を提出するにあたり、事前に相模原市選出県会議員にその内容を伝えるとの趣旨で例年開催されているものです。

 小児医療費助成制度の拡充、重度障害者医療費助成制度の拡充、二級河川・境川の改修・時間降雨51㎜に対応する改修整備を早期に、通学路における安全対策の実施、歩行者等の安全確保対策の推進{(1)安全に横断できる信号機の設置促進 (2)横断歩道、停止線等路面表示の維持補修の速やかな対応}など、県民の切実な願いの実現、県民生活にとって必要性緊急性の高い課題の解決に向けて、引き続き取り組んでまいります。

2016年7月30日 (土)

日本共産党県議団がコメントを発表

日本共産党神奈川県議団は、「県立津久井やまゆり園」で起きた相模原障害者施設殺傷事件について、7月27日にコメントを発表しました。「koment.pdf」をダウンロード

2016年7月27日 (水)

津久井やまゆり園を訪問(7月27日)

7月27日(水)午後、田所健太郎相模原市議会議員と一緒に、津久井やまゆり園を訪問しました。事件の翌日なので、どこまで近くに行けるだろうかと思いながら行ったのですが、何とか施設の敷地に入ることができ、事務所の受付窓口で、職員の方にお悔やみとお見舞いの言葉などを述べて早々に失礼しました。

  施設の送迎バスや宅急便の車が出入りしていて、事務所の中も日常業務がおこなわれているようでした。あれほどの凄惨な事件の直後でも、入所者・利用者の方々の生活や施設の業務は止まるわけではないのだということを改めて気づかされました。粛々と業務に従事されているように見える職員の方々の心中は如何ばかりかと思わざるをえませんでした。
 

今後の入所者・利用者や職員の方々への支援をどうしていくのか、重要な問題です。

P1010260

P1010264

[待機するマスコミ記者]

P1010262

献花台が設けられた

P1010263











県立津久井やまゆり園における殺傷事件について

 26日(火)午前2時40分頃、相模原市緑区にある障がい者支援施設・県立津久井やまゆり園に元職員が侵入し、施設の入所者を多数殺傷するという大変痛ましい事件が発生しました。

  犠牲になられた方、ご遺族にたいし、ご冥福とお悔やみを申し上げますとともに、負傷された方々の早期回復を願うものです。

  施設の入所者・利用者やご家族、施設職員や関係者の皆様、地域住民の皆様が受けられた衝撃の大きさは如何ばかりか。相模原市に所在する県立の福祉施設において、このような悲惨な事件が発生したことは、大変痛ましく残念に思います。

 情報収集、事件の全容解明、再発防止、被害に遭われた方々や施設入所者をはじめとした関係者への支援、神奈川県の福祉行政の充実など、取り組んでまいります。

«日本共産党県議団で新潟県と長野県を視察(7月19日~21日)