フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年10月 3日 (火)

第3回定例会 予算委員会

県議団NEWS PDF版⇒「kengidan-news-38.pdf」をダウンロード

Kengidannews38kage

ご紹介した質問時間は予定です。
当日の進行により、時間が変更となる場合がございます。
詳しくは事務局までお問い合わせください。
TEL:045-210-7882

2017年10月 2日 (月)

議会日程が変更されました

gikai

10月からの議会日程が変更されました。

下記のHPからご確認ください。

神奈川県HP→議会日程

2017年9月20日 (水)

君嶋議員の代表質問がテレビで放送されます

Dsc00056

9月13日に行われた、君嶋ちか子議員の代表質問の様子が、ダイジェスト版でテレビ放送されます。 どうぞご覧ください。

■放送日時■
9月29日(金) 18時30分から19時55分まで(15~16分間程度)
tvk 地上デジタル放送3ch(君嶋議員の登場は2番目です) 

※放送日時は変更になる場合があります。ご了承ください。

2017年9月14日 (木)

木佐木ただまさ県議が一般質問を行います

PDF版⇒「kengidan-news-37.pdf」をダウンロード

Kengidannews37kage

2017年9月12日 (火)

君嶋ちか子議員が代表質問を行います

PDF版⇒「kengi-news-36.pdf」をダウンロード
Kengidannews36kage

2017年9月 6日 (水)

米海軍厚木基地に抗議・申し入れ(9月5日)

 9月5日(火)、日本共産党と「爆音をなくし、米空母の母港に反対する厚木基地周辺住民の会」など市民団体は、厚木基地を訪れ、在日米海軍司令官・在日米海軍厚木航空施設司令官あてに、厚木基地での着陸訓練の強行に抗議し、着陸訓練の即刻中止と米空母の横須賀母港化の撤回を申し入れました。また、9月10日、11日に予定されているMV-22オスプレイの東富士演習場での離着陸訓練に伴い、MV-22オスプレイを厚木基地に飛来させないことなども求めました。日本共産党県議団からは、藤井かつひこ と加藤なを子議員が参加しました。

 このたびの突然の厚木基地における空母艦載機の着陸訓練は、9月1日(金)~9月6日(水)までの日中に実施すると通告されましたが、「9月5日(火)12時19分をもって終了した」と米軍から防衛省南関東防衛局をつうじて連絡があった
とのことです。
 しかし、9月6日(水)付け朝日新聞の報道によれば、「5日は午後1時~2時台にも、FCLP(模擬着艦訓練)と同様のタッチ・アンド・ゴーと周辺住宅上空での旋回飛行が繰り返された。これらの激しい飛行は、他の日でも報告時間外に実施され、FCLP通告前の8月にも行われたことを朝日新聞は確認している」とのこと。実際、相模原市内では通告期間中の夜間に爆音が鳴り響き、また本日9月6日も朝から爆音が鳴り響いています。

 空母艦載機の岩国移駐が進められようとしていますが、移駐後も厚木基地の使用、訓練の実施がどうなるのか、爆音被害が解消される保障はありません。岩国に爆音被害を拡散しただけ、ということではなく、おおもとの米空母横須賀母港化の撤回こそ根本的解決です。

 9月5日(火)の抗議・申し入れに対応した米軍当直士官は、藤井かつひこ の質問に答えて、「近々、移駐後の厚木基地の運用について、公式発表があると思う」との趣旨のコメントを述べました。

2017年7月26日 (水)

津久井やまゆり園事件 追悼式・一周忌偲ぶ会

 昨年7月26日に県立津久井やまゆり園で発生した殺傷事件から1年。


 7月24日(月)に南区相模大野の「相模女子大グリーンホール(相模原市文化会館)」で、神奈川県・相模原市・社会福祉法人かながわ共同会の主催で「津久井やまゆり園事件追悼式」が開催されました。


P1010765


 7月26日(水)には、県立津久井やまゆり園の所在地・相模原市緑区の旧相模湖町地域住民のみなさんでつくる「共に生きる社会を考える会」主催の「津久井やまゆり園事件 一周忌のつどい(偲ぶ会)」が緑区千木良の千木良公民館で開催されました。


  つどいに先だって、県立津久井やまゆり園玄関前に設けられた献花台に献花しました。

P1010766
P1010768
 つどいの冒頭、黙祷の後、主催者を代表して、宮崎昭子共同代表が挨拶
P1010771


 この1年の経過について、太田 顕共同代表(元県立津久井やまゆり園職員)が報告

P1010772

 「19名の生きた証」として、亡くなった19人の方々について周囲の方々からヒアリングを重ねて集めたことを、太田顕さんのインタビューに答えて語る、西角純志さん(専修大学経済学部兼任講師・博士、元県立津久井やまゆり園職員)


P1010773
 フリートーキングの時間も設けられ、藤井かつひこ も、県における施設の再生をめぐる検討状況などについて発言しました。

2017年7月24日 (月)

『市民連合14区かながわ』主催「未来をひらくみんなのつどい」に参加(7月23日)

  7月23日(日)午後2時から、相模原教育会館で開催された、『市民連合14区かながわ』主催「未来をひらくみんなのつどい」に参加しました。


 前半は、2016年7月の参議院議員選挙で長野選挙区(定数1)の野党統一候補として当選を果たした、民進党の杉尾秀哉参議院議員の「長野モデル」についての講演をききました。

P1010759


 後半は、民進党、共産党(中野渡じゅん衆議院14区予定候補)、自由党、社民党の野党4党から代表が発言し、フロアからも発言がありました。

P1010762


  安部政権の支持率が急落するなか、野党と市民との共闘を発展させ、安部政権を打倒し新しい政治への一歩を踏み出したい、との思いを強くしました。

かながわピースフェア・大和平和まつり 開催される(7月23日)

  7月23日(日)、大和駅東側プリムナードで「第29回かながわピースフェア・大和平和まつり」が、「爆音のない静かな空を!」「米原子力空母R・レーガンは横須賀を母港にしないで」「オスプレイは来ないで!訓練拠点にしないで!」「沖縄と連帯して辺野古新基地建設を止めよう」「戦争法を廃止させ、立憲主義・民主主義をとりもどそう」などと訴えて開催されました。県内の平和・市民団体がにぎやかに出店し、中央広場でピースセレモニーが開催されました。


P1010714
[実行委員長あいさつ]


P1010717

[会場あちこちや中央舞台横に立ち「マネキンフラッシュモブ」のパフォーマンスでアピールするみなさん]

P1010722



P1010724


[日本共産党から挨拶をする岡崎ゆたか衆議院比例区予定候補。
井坂しんや県議、藤井かつひこ県議も紹介されました。]


P1010741

[「日本国憲法前文」などを熱唱する神奈川合唱団のみなさん]

2017年7月15日 (土)

日本共産党県議団で県外調査(7月11日~13日)

 7月11日(火)から13日(木)まで、日本共産党県議団で「障がい者地域生活移行」「太陽光発電導入促進・環境モデル都市」「リニア中央新幹線」をテーマに県外調査をおこないました。
■障がい者地域生活移行(7月11日)
 長野県駒ヶ根市・宮田村の県立知的障害者施設で長野県社会福祉事業団が運営する『西駒郷』及び長野県社会福祉事業団が運営する『ほっとグループホーム伊南』
を訪問し、説明を受けました。

 2004年3月に「5年間で250人程度の地域移行」との基本構想を決定し、2017年4月1日現在で294人の地域生活移行(グループホーム、アパート、家庭等)を実現しています。
  「地域生活意向調査 調査票」は、「本人の意向」と「家族の意向」とそれぞれをていねいに確認して記入するように作られています。

 こうした地域生活意向促進の取り組みは、当初は長野県独自の補助金など県からの手厚い支援があり、障害者福祉制度のサービス水準を超えて取り組みがおこなわれました。県行政としては、かなり大胆な取り組みと言えるでしょう。現在は、そうした県独自の補助制度はない、とのことでした。

 神奈川県の県立津久井やまゆり園の施設再生・建て替えをどのようにおこなうのか、今後の神奈川県での取り組みに生かしていきたいと思います。



■太陽光発電導入促進・環境モデル都市(7月12日)
  長野県飯田市役所で、『おひさま進歩エネルギー株式会社』から太陽光発電の取り組みについて、飯田市から環境モデル都市の取り組みについて、説明をきき質疑応答をした後、『メガソーラーいいだ』について現地に赴き飯田市から説明を受けました。

 「おひさまファンド」「おひさま0円システム」など先進事例として全国的に脚光を浴びてきた飯田市の太陽光発電導入促進・環境モデル都市の取り組みですが、太陽光発電をめぐる「固定価格買い取り制度」導入や電力会社による買い取り拒否など、その後の状況の中で、どのように取り組みを継続し、また新たな展開をしているのか、関心を持ってお話をうかがいました。

 そのなかで2013年4月1日施行の飯田市地域環境権条例について、飯田の語源が“結い田”であり、「ネットワークとコラボレーションを特徴とする精神風土」を有していることをベースにした自治の充実強化の一環としてつくられている、というお話は興味深いものでした。
 神奈川県の黒岩知事は、初当選した2011年の選挙で「4年で200万戸分の太陽光発電の新規導入」など太陽光発電導入促進を政策の目玉として打ち出しましたが、就任半年後に事実上撤回し、新たな導入目標を55万戸分と大幅下方修正し、2013年9月には34万戸分とさらに引き下げました。家庭向けの普及への独自策として、県民のローン負担を肩代わりする「ソーラーバンク」を県がつくることを提唱しましたが、頓挫しました。

 2014年4月に新たに策定した「かながわスマートエネルギー計画」では、2030年度の太陽光発電導入目標を815万kw(太陽光パネル換算で住宅約247万戸分)と設定し、分散型電源の年間電力消費量に対する割合を2020年度に25%、2030年度に45%などと目標を掲げています。

  再生可能エネルギーの導入を促進していくうえでは日本における発電・送電の仕組み全体にかかわる課題があるなかで、神奈川県で太陽光発電など再生可能エネルギーの導入を促進していくうえで、様々なかたちのファンドや飯田市のような市町村自治の取り組みを県が支援し連携していくことはどうなのか、など、引き続き考えていきたいと思います。



■リニア中央新幹線(7月12日中津川市、7月13日愛知県庁)
  中津川市役所で行政から話をきき、中津川市の住民の方々と懇談して一緒に駅周辺整備や車両基地建設に該当している地域に行って現地を視察しました。

 中津川市には、リニア中央新幹線の岐阜県駅として美乃坂本駅に中間駅が設置されます。それにともない、『濃飛横断自動車道』の建設計画が美乃坂本駅を通るように変更されて推進される、企業を誘致する『中津川西部テクノパーク』を新たに計画化した、とのことです。駅周辺整備計画の中では、道路の高低差が著しいことも、質疑応答のなかで話題になりました。

 市役所でそれらの話をきいた後、日本共産党の中津川市議・恵那市議と住民の方々と懇談し、現地を視察しました。現地に出向いて地域の環境のなかに身を置いてみると、リニア計画が長い年月を地域とともに過ごしてきた人々の生活を根こそぎ奪い、いかに地域を一変させるか、地図などに描かれている計画がいかに現実にそぐわない無理なものであるか、そのような無理なまちづくりの計画を沿線自治体につくらせるリニア計画の罪深さを強く感じました。
 恵那市の一部地域では、住民がまとまってJR東海と対応し、JR東海の「測量→用地交渉→登記」というスケジュールがいっこうに進んでいないということもうかがい、励まされました。

 愛知県庁では、県として、名古屋駅の乗換利便性の向上に取り組んでいるが、JRは東海道新幹線とリニアとの乗換利便性の向上だけをすすめ、在来線や私鉄との乗換利便性の向上については県と市でおこないJRは関与しない、ということが話されました。鉄道事業者と自治体との費用負担のあり方について改めて考えさせられました。


 リニア中央新幹線建設計画による環境破壊は多大です。必要性のないリニア中央新幹線建設は、中止すべきです。環境破壊の実態を告発し、沿線の方々とも連携して、声を上げていかなければならない、との思いを改めて強くしました。

«県議会報告を中央区で開催(7月8日)